【目的】

難治性小児がん「小児脳幹部グリオーマ」(DIPG) に関する諸問題を、医療者・研究者・関係機関・患者家族・参加者が意見交換を通じ、正しく認識・共有し、以下の項目の課題解決を図る。

 

▲「DIPGにおける日本の治療開発」について

▲「DIPGにおける緩和ケアの在り方」について

 

【会場】国立成育医療研究センター講堂

 

【参加費】無料

 

【参加者】 150名先着順

 

【参加対象】一般の方・学生・患者家族・医療・福祉、行政、シンポジウム趣旨に関わる各専門家

 

【助成支援】公益財団法人 小林製薬青い鳥財団

 

【協賛】株式会社スガワラ企画・株式会社かんぽ生命保険・株式会社ケイズ

 

【協力】小児脳幹部グリオーマの会・小児脳腫瘍の会・旭くん光のプロジェクト・トルコキキョウの会

    NPO法人脳腫瘍ネットワーク・ NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト

 

【後援】NPO法人日本小児がん研究グループ(JCCG)・国立成育医療研究センター

    読売新聞社・朝日新聞社・毎日新聞社横浜支局・神戸新聞社・琉球新報社・相模経済新聞社     

 

 

【参加特典】

このDIPGでお孫様を亡くされた、歌手の菅原洋一さまの息子さま「菅原英介」さまが作詞作曲された、CD『Fly,fly away』を、シンポジウムご参加者さま全員にプレゼントいたします。(提供:株式会社スガワラ企画様)

 

※一部、内容変更がある場合がございます。